ただ借りるだけだともったいないですよね。

最近レンタルDVDを良く借りるんですけど、
ジャケットでえらんだ映画やドラマが面白くて、是非手元に残しておきたいと思ったときにコピーできたら楽チンですよね。

よくコピーしたら犯罪とか言われるんですけど、チャンと自分で調べたことってなかったんですよね。
意外と調べてみたら、問題ないやり方もあるみたいなんですよ。


レンタルDVDをコピーする方法として生き残っているのが、
キャプチャコピーらしいです。

ご存知ですか?キャプチャコピー
基本的にコピーして法律でアウトになるのが、レンタルDVDなどにつけられているコピーガードを解除してしまうとアウトらしいんですよね。
で、キャプチャコピーは映画が再生されている画面自体をキャプッて保存するらしく、このコピーガード自体は解除していないので、
問題ないと。

すげー屁理屈感満載ですが、法律ってそんなもんらしいです。
でもまぁこのキャプチャコピーすれば、レンタルDVDの保存が出来るらしいです。

あ、ちなみにこのコピーした映画を販売とかしてしまうと、それはそれで著作権とかの法律にばっちし引っかかってしまうので、
くれぐれもみなさんやらないようにしましょう。
あくまで自分が楽しむようにとどめておきましょうね。


最近みた映画の紹介

最近よく映画を観るんですが、サスペンスにはまってるんですよ。

最近もっとも面白かった映画は「セブン」ですかね。ご存知ですか?
モーガン・フリーマンとブラッド・ピットが主演で、とある猟奇殺人が発生して、
熟練刑事と新人刑事のコンビで事件解決に挑むサイコサスペンスです。


ブラピが配属された日に、食事に顔から突っ込んで死んでいる巨漢の人間が発見され、
数日後に、弁護士事務所の自室で弁護士が殺されていました。

お互いの部屋には「gluttony(グラトニー)」「greed(グリード)」と血文字で書かれており、
その事件に続いて、七つの大罪にそって殺人事件が発生していきます。

次々と殺人事件が起こる中、一人だけ挙げられた容疑者「ジョン・ドゥ」
彼の目的は一体なんなのか、二人はこの猟奇的殺人を止めることができるのか・・・


大筋の話はこのような感じです。
物語の表現は若干グロくて暗い話なんですが、クライマックスの話の流れは圧巻でした。
アクションシーンなどはそこまで多くないのですが、最後の15分は手に汗握る展開でした。

終わってからスタッフロールがあけるまでの間、「なんなんだこれは・・・」
これだけが頭に浮かびました.

後日、自分の考えをまとめて考察なんかを読んでみたら、結構いい感じに自分の中で納得がいくものでした。
とても残酷な物語でしたが、物語の進み方が非常に美しい作品でした。

よかったらレンタルDVDでみてください。